1971年に開設された総合病院です。地域に密着した医療を提供できるよう心がけています。

トップページ > 入院のご案内 > 入院費について

入院費について

入院費とは、入院基本料、投薬料、注射料、処置料、手術料、検査料、画像診断料などの合計です。

食事療養費について

入院費以外に必要な費用です。1食につき460円です。
※「標準負担額減額認定証」をお持ちの方は減額されます。各病棟または1階総合受付にご提示下さい。

個室・2人部屋の室料差額について

個室・2人部屋を使用される方は、室料差額として、1日あたり下記金額のご負担が発生します。(表示金額は全て税込みです)
※病状や空室状況によってはご希望に添えない場合があります。

個室5,500円
2人部屋2,200円

費用負担について

入院費については、ご加入の健康保険や所得状況によりご負担いだだく割合が異なります。食事療養費(標準負担額減額認定証をお持ちの場合を除く)及び室料差額は、全額ご負担となります。

お支払いについて

「入退院請求書兼領収書(入院)」を発行します。請求書がお手元にとどきましたら、1週間以内に1階外来会計窓口にてお支払い下さい。クレジットカード(VISAのみ)や北國デビットカードもご利用いただけます。

※領収書の再発行は出来ませんので、大切に保管して下さい。

高額療養費制度について

1世帯の医療費の1ヶ月合計の自己負担が高額になった場合、限度額(70歳未満の方で、一般的な所得の場合、及び70歳以上の3割負担の方で現役並みの所得がある場合、最低で80,100円)を超える部分が払い戻される制度があります。事前に申請すると、窓口での支払いが月単位の限度額で済み、一時的でも多額の医療費を払う必要がなくなります。その際は、「限度額適用認定証」が必要です。詳しくは1階総合受付にお尋ね下さい。

外来
担当医表