1971年に開設された総合病院です。地域に密着した医療を提供できるよう心がけています。

病棟の案内

一般病棟(地域包括ケア病床を含む)

一般病棟ナースステーション
一般病棟 病室

整形外科・外科・内科の急性期疾患の治療、回復を目的とした病棟です。集中的な検査や治療が必要な時期(急性期)から、症状が安定してくる時期までの患者様を受け入れます。病気の治療と並行して、可能な限り早期からリハビリテーションを行い、効率的かつ密度の高い医療を提供して、早期の病状回復・社会復帰を目指します。
早期に退院が困難な患者様は病状安定後、地域包括ケア病床、療養病棟で治療やリハビリテーションを継続します。

地域包括ケア病床

地域包括ケア病床は、急性期医療から在宅療養を支えるための要となる病床です。

  • 急性期の治療を終え、自宅への退院に向けて必要な医療・介護や福祉を含めたサービス調整や療養指導が必要な患者様の受け入れも行います。
  • 入院期間は、最長60日です。
  • 介護保険の有無に関わらず入院可能です。

療養病棟

療養病棟 ナースステーション
療養病棟 病室

療養病棟は、主に慢性期の疾患で、長期にわたり療養を必要とする患者様に医療と介護を提供する病棟です。急性期医療の治療を終え、もう少し病院での療養が必要な方が該当します。長期的な医療とともに、身体機能の低下を予防するための手厚い看護・介護を提供いたします。

医療区分について

平成18年以降、医療必要度により「医療区分1~3」(医療区分に関わる評価表をご参照ください)の3段階に区分され、当院では医療が必要な医療区分2・3に該当する方が入院の中心となります。

レスパイト入院について

レスパイトとは、「休息」という意味です。
介護者の日々の疲れ、冠婚葬祭、旅行などの事情により、一時的に在宅介護が困難となる場合に期間を設けた入院の受け入れを行い、介護者の負担軽減を目的にする仕組みです。

対象となる方

  • 医療依存度が高い方
  • 胃瘻、経鼻栄養、中心静脈栄養を実施している
  • 酸素療法や人工呼吸器を使用している
  • 頻回な吸痰を必要としている
  • 1日に数回のインスリン治療を必要としている など
  • 介護施設でのショートステイの利用が困難な方
  • 問題行動のない方(離院、暴力、著しい徘徊など)

基本的なルール

  1. 1回の入院期間は1週間程度(最大2週間)とします
  2. 前回のレスパイト入院から4週間以上あいていること
  3. 入退院は午前10時頃とします
  4. 入院時のお薬は入院期間中の分+数日分をご持参下さい
  5. 持ち物は通常の入院に準じます
    「レスパイト入院持ち物一覧表」をご参照下さい
  6. 入院中のリハビリについてはご相談に応じます
  7. 急変時や主治医が必要と判断した場合は専門の医師に診察していただきます
  8. 入院中の部屋の選択の要望は承りますが、ご希望に添えない場合もあります

お申込み・お問い合わせ

お問い合わせ先

0761-21-1555

午前8:30~午後5:30 ※月~土曜日(祝日を除く)

外来
担当医表