労災二次健康診断のご案内

当院は「労災保険二次健康診断等給付」指定医療機関です。

詳しくはお問い合わせ下さい。

労災二次健康診断とは

労働安全衛生法に基づいて行われる定期健康診断等のうち、直近のもの(以下「一次健診」
といいます)において、脳・心臓疾患に関連する一定の項目に異常の所見がある場合に、
二次健康診断等給付が受けられます。
二次健康診断と特定保健指導が労災保険から給付され、費用負担なく受診できます。
健康で元気に働くためにも、会社・従業員が一体で受診勧奨に取り組むことが重要です。

給付の要件

  1. 一次健診の結果、下記①~④の検査項目全てについて「異常所見」があると診断
    された方。
     ①血圧検査 ②血中脂質検査 ③血糖検査 ④腹囲またはBMI(肥満度)測定
     ※一次健診の結果において、①~④の検査項目に「異常なし」と診断された
      場合であっても、産業医等が就業環境等を総合的に勘案し、異常の所見を
      認めた場合には、産業医等の意見を優先します。
  2. 脳・心臓疾患の症状を有していないこと。
     ※一次健診またはその他の機会で、医師により脳・心臓疾患の症状を有する
      と診断された場合、二次健康診断等給付を受けることはできません。
  3. 労災保険の特別加入者でないこと。
     ※労働者以外の方のうち、業務の実態や災害の発生状況からみて、労働者に
      準じて保護することがふさわしいと見なされる人です。特別加入できる方
      の範囲は、中小事業主等・一人親方等・特定作業従事者・海外派遣者の4
      種に大別されます。

◎注意事項

  • 1年度内(4月1日~翌年3月31日)に1回のみ受けることができます。
  • 一次健診の受診日から3か月以内に行って下さい。
    ※ただし、次のようなやむを得ない事情がある場合は認められます。
     ・天災地変により請求を行うことができない場合
     ・一次健診を行った医療機関の都合などにより結果の通知が
      著しく遅れた場合

給付の内容

二次健康診断等給付では、二次健康診断と特定保健指導があります。

  1. 二次健康診断(脳血管と心臓の状態を把握するために必要な検査)
    ・空腹時血中脂質検査…LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪の量により測定
    ・空腹時血糖検査
    ・HbA1c(一次健康診断で実施の場合は除く)
    ・負荷心電図または心エコー検査
    ・頸部エコー検査
    ・微量アルブミン尿検査…尿中のアルブミンの量を精密に測定
     ※一次健診の尿蛋白が(±)/(-)の所見の方が対象
  2. 特定保健指導(脳・心臓疾患発症の予防を図るために行われる面接保健指導)
    ・栄養指導…適切なカロリーの摂取等、食生活上の指針を示す指導
    ・運動指導…必要な運動の指針を示す指導
    ・生活指導…飲酒・喫煙・睡眠等の生活習慣に関する指導
     ※二次健康診断の結果、脳・心臓疾患の症状を有していると診断された場合は
      特定保健指導は実施されません。

◎当日ご持参いただく物
  ・一次健診の結果
  ・二次健康診断等給付請求書
   ※空腹時における検査のため、10時間以上空腹である必要があります。

二次健康診断等給付請求書 ⇐ ダウンロードはこちらから

お問合わせ電話番号

TEL:0761-21-1555