1回の採血で、複数のがんのリスクを評価!

今注目のAICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)検査が当院で受けられるようになりました。

複数のがん検診を受ける場合、どうしても時間や費用がかかりますが、この検査は、医師の診察がなく採血のみで終了します。

費用について

・この検査は健康保険が適用されません。

検査項目 男性AICS(5種) 女性AICS(6種)
費 用 25,000円(税込) 25,000円(税込)

・この検査は単独で実施可能ですが、人間ドックや健康診断など、採血を行う機会と同時に検査を行うことができます。その際は上記費用が追加されますので、ご了承願います。

AICSとは

健常者における血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ一定に保たれるようコントロールされていますが、がん患者では、アミノ酸濃度のバランスが変化することが報告されています。
AICSは血液中のアミノ酸濃度を測定し、健常人とがん患者のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんに罹患しているリスクを評価する検査です。

AICSの特徴

1回の採血(約5ml)で、複数のがんを同時に検査できます。
早期がんや幅広い組織型にも対応した検査です。

AICS検査対象のがん

男 性 胃がん 肺がん 大腸がん 膵臓がん 前立腺がん(5種)
女 性 胃がん 肺がん 大腸がん 膵臓がん 乳がん 子宮がん[子宮頸がん/子宮体がん・卵巣がん](6種)

AICS対象年齢

下記年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。
これらの方以外のAICS値は評価対象外となります。

対象がん 対象年齢
胃がん 肺がん 大腸がん 膵臓がん 乳がん 25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
子宮がん[子宮頸がん/子宮体がん]・卵巣がん 20歳~80歳

* 男性:40~90歳 / 女性:25~80歳

検査前の注意事項

  • 事前にご予約が必要です。(TEL:0761-21-1555
  • 検査前8時間以内に、水以外(食事、サプリメント等)は摂らないで、午前中に来院ししてください。
    水はミネラルウォーターではなく、水道水なら飲んでいただいてかまいません。また、検査前日の夕食も高タンパク質の食事は避けるようにしてください。

  • できるだけ検査当日朝の運動は控えてください。
  • 薬剤のAICS値に及ぼす影響は分かっておりませんが、休薬が可能な場合には、検査日の朝は休薬してください。

  • 検査時に妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中も含む)の方、先天性代謝異常の方、透析患者の方は、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。

結果について

・それぞれのがんについて、がんに罹患している確率を0.0~10.0の数値で報告します。
数値が高いほど、がんである可能性が高くなり、判断の目安として、リスクの傾向をランクA~Cの3段階で示します。

ランク分類 ランクA ランクB ランクC
AICS値 0.0~4.9 5.0~7.9 8.0~10.0

低い ← がんであるリスク → 高い

*この検査は、がんであるリスク(確率、可能性、危険性など)を評価する検査で、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません。
その他の検査結果とともに総合的に判断することで、がんを見つけだせる可能性が高くなると考えられます。

*この検査は、採血を行った時のがんのリスクを評価するもので、生涯に渡ってのリスクを予測するものではありませんので、定期的な検査をお勧めします。

検査結果の報告について

検査後約2週間で結果が出るので、2週間後を目安に来院していただき、外科の先生が説明した上で結果をお渡しします。
ご希望により郵送も行いますので、お申し付けください。